建築設備検査資格者
資格・資格試験情報-資格info


資格infoTOP > 不動産・建築 > 建築設備検査資格者

難易度★★
人気度★★
将来性★★★

建築設備検査資格者資格概要
定期的に建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備)の安全確保のための検査を行い、特定行政庁へ報告する。毎年開催される講習を受け、修了考査に合格すると講習修了証明書が交付される。

受験資格
次のいずれかに該当する者が受験できる。
@大学で建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して2年以上の実務の経験を有する者。
A短期大学で建築学、機械工学、電気工学に関する修業年限3年の課程を修めて卒業した後、建築設備に関して3年以上の実務の経験を有する者。
B上記Aに該当する者を除き、短期大学又は高等専門学校で、建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して4年以上の実務の経験を有する者。
C高等学校で建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して7年以上の実務の経験を有する者。
D建築設備に関して11年以上の実務の経験を有する者。
E建築行政(建築設備に関するものに限る。)に関して2年以上の実務の経験を有する者。
F建築設備士の資格を有する者。
G一級建築士、二級建築士又は建築基準適合判定資格者の資格を有する者。

合格者数
876名
(平成18年度)

問合せ先
(財)日本建築設備・昇降機センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-5 第一天徳ビル
TEL:03-3591-2422


不動産・建築の資格へ戻る
資格infoTOPへ戻る
資格infoについて
お問合せ


(C)資格info
PC版資格info